ガルフ アロー GT30のインプレ

入れてみました。モリブデンが入っているということなので、まずはモリブデンを添加せずに走ってみました。


感触は…いたって普通でした。(笑) いや、このクラスのオイルを普通と言ってしまうのは贅沢なことだと分かってはいるのですが、普通の良いオイルという感じ。


G4の加速の良さやHTHS530Rの高回転の気持ちよさといった特徴的なものは特に無く、普通の全合成の良いオイルといった感じです。もちろんそれ自体に不満はなく、ずっと使ってもいいのですが、面白味はないですね。(笑)

まぁベンリィには上等すぎるオイルなのは間違いありません。


有機モリブデンを足してみたところ、効果がありました。なんか、人間もバイクもモリブデン依存症なんじゃないかと思う今日この頃です。


アローには後でモリブデンを足す必要はないかな?と思っていたので少々残念かも。


次はAZの0Wー30を試してみたいと思います。

その次は…何にしようかな?ただこれ以上色んなオイルを試すのはめんどくさくなってきた気持ちもあり、何かに落ち着きたいなぁと思ったりもするのですが、それじゃつまらないし得るものもないので引き続き色々試してみると思います。まぁその時の気分ですね。


あと4リッターなら1リッターあたりの値段が安いので添加剤でも…という考えがあったりもします。湿式クラッチ車では使えない添加剤、例えばワコーズのスーパーフォアビークルなんかが気になります。


高いのでほんとに気が向いた時だけにしますけどね。


一方、有機モリブデンは安価で少量添加で済み、効果抜群なのでずっと使用したいと思ってます。

コメント